グローバルライフ株式会社 | Global Life スタッフブログ

グローバルライフ株式会社 | Global Life スタッフブログ

グローバルライフ株式会社 | Global Life いよいよバレンタイン!~バレンタインについて理解を深める~

こんにちは、グローバルライフ株式会社 | Global Life スタッフです。

いよいよ本番当日!

バレンタインの日がやってきました。

そこで本日はバレンタインにチョコを送る理由、

そして世界のバレンタイン事情についてご紹介します。

参考サイト

チョコレートを贈る理由|バレンタインチョコレート|大丸松坂屋オンラインショッピング

世界のバレンタインデー|バレンタインチョコレート|大丸松坂屋オンラインショッピング

チョコレートを贈る理由

チョコレートを贈る理由

19世紀に欧州から日本へ伝わる

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、イギリスから始まったといわれています。19世紀のイギリスには、バレンタインデーに恋人同士がワインやシャンパンにカードを添えて贈り、互いに愛を伝え合う習慣がありました。ここに目をつけたイギリスのキャドバリー(Cadbury)というお菓子メーカーが贈答用のチョコレートボックスを発売したところ、瞬く間に評判を呼び、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が広まったのです。

 

お菓子メーカーによる販促活動

その後、日本にもバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が伝わりました。日本で流行した理由には諸説ありますが、1958年(昭和33年)にチョコレート会社が、東京のデパートで販売促進を目的としたキャンペーンを展開し、大々的な宣伝を行ったことがひとつのきっかけです。

 

このキャンペーンが行われた3日間でチョコレートが爆発的に売れたとはいえず、成功と呼べるものではありませんでした。しかし、ここからお菓子メーカーがハート形チョコレートを売り出したり、新聞広告を使ったバレンタインデーの販売戦略を打ち出したりするうち、徐々にバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は定番化していきました。

 

冬の一大イベントに成長

「バレンタインデーといえばチョコレート」というイメージは今日まで続き、老若男女問わず楽しめる冬の一大イベントとなっています。現在では日本家庭のチョコレート年間支出額に占める2月の割合は、全体の24.8%にものぼっています(総務省統計局調べ・2012年~2014年の平均)。

 

このことからチョコレートを販売するお菓子メーカーは、バレンタインデーに関する企画や流通開発をひときわ重要視し、贈る相手や方法を新たに提案しながら、様々なキャンペーンを行っています。女性が好きな男性に贈る「本命チョコ」や、人間関係を円滑にする「義理チョコ」のほかにも、近年では男性から女性に贈る「逆チョコ」や、親しい友人に贈る「友チョコ」なども生まれました。全日本菓子協会が発表するチョコレート小売り金額も伸びており、バレンタインデーは今後もさらに盛りあがりを見せることが予想されます。

 

世界のバレンタインデー

世界のバレンタインデー

日本のバレンタインデーには「女性が好きな人にチョコレートをプレゼントする」という習慣があります。日本では世代を問わず親しまれているイベントですが、世界各国の人々はこの日をどのようにすごしているのでしょうか?国ごとに多彩な側面を見せるバレンタインデーのすごし方をご紹介します。

フランスのバレンタインデー

フランスでは、バレンタインデーは「恋人たちのお祭りの日」とされています。フランスではバレンタインデーは「La Saint-Valentin(ラ・サンヴァロンタン)」と呼ばれ、恋人同士や夫婦など決まった相手に贈り物をする日として親しまれていますが、日本のようにチョコレートを贈る習慣はそれほど人気ではなく、男性が女性に花を贈るのが定番のプレゼントとなっています。なかでも「貴方を愛します」という意味を持つ真っ赤なバラがとくに人気のある贈り物です。

 

韓国のバレンタインデー

お隣の韓国には、日本と同様に女性から男性へチョコレートを贈る習慣があります。とりわけバスケットにチョコレートをたくさん詰め、華やかにラッピングして贈るのがポピュラーな方法で、バレンタインシーズンになると街の店頭にたくさんのバスケットが並びます。また韓国には4月14日に「ブラックデー」という日があり、2月のバレンタインデーや3月のホワイトデーに縁のなかった人が、お互いを慰め合って一緒にジャージャー麺を食べるというユニークな記念日が存在します。

 

アメリカのバレンタインデー

アメリカのバレンタインデーは日本とは逆で、男性から女性へ感謝の気持ちを表して贈り物をするのが主流となっています。人気があるプレゼントは花やキャンディーですが、ほかにもぬいぐるみやジュエリーのように女性が好むものも選ばれます。アメリカではバレンタインデーはパートナーや恋人同士の日ということもあって、義理チョコを贈る習慣はありません。当日は恋人同士でディナーやお芝居を楽しむのが定番のすごし方となっています。またホワイトデーは存在せず、女性から男性にお返しをすることはありません。

 

このように各国のバレンタインデーには様々な習慣が根付いていますが、いずれも恋人同士や仲の良い友人達と祝う日となっており、バラエティーに富んだ贈り物やすごし方が存在します。それぞれ習慣の違いはありますが、バレンタインデーは「年に一度のイベント」として多くの国で親しまれているといえます。

バレンタインデーも諸説あるようですが、

以前ご紹介した「恵方巻」同様、

企業の宣伝効果も大きく影響してるのでしょう。

また、諸外国のバレンタインの風習の違いを見ていると文化の違いを痛感します。

しかし、ぜひ一度バレンタインシーズンにその国ならではの雰囲気を味わってみたいものですね。

 

太陽光・蓄電池の事ならグローバルライフ株式会社までお問い合わせください!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
グローバルライフ株式会社 | Global Life
〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1 アルカイースト4F
TEL 03-6853-8800
FAX 03-6853-8801
お客様窓口 お問合せ/お見積り
TEL 0120-997-229
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■